2008/04/02

よく道を尋ねられる

皆様、よいエイプリルフールを過ごせたでしょうか? ぼくはたとえ一名だけとはいえ、リアクションが頂けたことに感無量の思いでございます。

もちろん、結婚など夢のまた夢。それに、彼女が身籠るどころか、彼女居ない暦23年だし、なんなら就職の予定もないんだけど。はははっ。(棒読み)


さて、その話は置いといて、きょうの話題なのだけど、ぼくはよく道を尋ねられる。

どういう了見でこの地理音痴のぼくに道を尋ねるのか問いつめたいのだけど、頻繁に道を聞かれる。

高校生くらいの頃から、地元でならまだしも、旅先や詳しくないところでも道を聞かれたものだった。東京に遊びに行って、山手線の内回りと外回りも区別もつかないのに東南アジア系の外国人にどうやって目的の駅まで乗り継いだらいいのか聞かれたし、京都に来て間もない頃に、ぼくが迷っている最中だというのに、清水寺の近くで韓国人に道を聞かれた。

ひどいのは、ドイツのミュンヘンに行ったときにも道を聞かれたこと。こちとらばりばりのアジア人の顔つきだというのに、駅はどちらですかと英語で聞かれ、駅でイスラム系の人に電車の乗り方を尋ねられた。

ぼくは初対面の場合、それほど好印象を持たれるタイプではないというのに、これはどういうことなのか。あるいは、そういう星の下に生まれついているのか‥‥‥。

きょうも、学内バイトの休憩中に、新入生とおぼしき女の子に購買の場所を聞かれた。今回は見知らぬ土地ではないし、相手も日本語で話しかけて来たので、難なく場所を教えてあげられたのだけど、その女の子がめちゃめちゃかわいかった。

いや、かわいいっていうか、話し方がおどおどしていて、純度100%って感じで、箱入りのヤツを取り出したばかり、みたいな感じだった。きっと、お父さんはステッキを持って散歩に出かけるし、お母さんはでっかい帽子にヒラヒラのついた日傘で散歩に出かけるだろうなっていう、十中八九召使いの爺やがいるはずだよね、っていう人だった。

ああ、あんな子とつきあいたい‥‥‥。

けれど、彼女ができて、幸福な恋愛をして結婚に至るなど、所詮ぼくには妄想の中だけの話なのでしょう。はははっ。(涙で頬を濡らしながら)
この記事へのコメント
僕もケルン滞在中、大聖堂の近くで子供たちに英語で尋ねられてしまいましたよ。あいにくドイツ語脳になってて英語で答えられずに見限られましたけど。
Posted by Ricky at 2008年04月03日 01:33
女の子から道を尋ねられたんですか?

清水さんと手を繋いで歩くバージンロードが彼女の
進むべき道だと思います。
Posted by ながさき at 2008年04月03日 10:16
<Herr Ricky>
旅先では外国人の方が尋ねやすいのでしょうかねぇ。ふしぎなものです。ドイツ語でがんばってるときに、いきなり英語をふられると応えられないというのは、よく分かります。

<ながさきさん>
きょうはドイツ人留学生の生活サポートというのをしたんですが、それで、その子もうぶな感じでかわいかったのですが、彼氏がいるということでがっかりでした。ビールで溺死します。
Posted by 清水 at 2008年04月03日 21:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。