2008/03/19

風邪だった

いや、おかしいとは思っていたのですよ。

いくら花粉症とはいえ、昨夜はひどかった。あんなに鼻水が出て頭がぼおっとするなんて。で、あとで考えたら、あれは風邪の症状なのでした。

きょうはきのうよりだいぶよかったのだけれど、案の定唇の横にヘルペスが! ぷつぷつと気泡のようなものができて、せっかくのイケメンが台なしなのです。(すみません、一カ所嘘をつきました)

それにしても、長期の休みになるとぼくは必ず風邪気味になる。まず間違いない。ポイントは「風邪気味」ってとこで、本格的な風邪にはいたらないのです。けど、若干風邪っぽくなるのです。これはもう確定事項で、


ウィルスのボス「おーい野郎ども! 冬休みになったからいっちょやるかー!」

ウィルス一同「うぃーっすっ!」


というやり取りが交わされているとしか思えない。

しかし、今回はウィルスどもが張り切りすぎたようで、3月に入ってから体調を崩すのは3回目だ。どうなってるんだ。

ふしぎなことに、ぼくは授業があるあいだは一切風邪をひかない。毎日元気元気でスキップで登校してる。なんなら鼻歌まじりだ。急いでるときなんか、曲がり角で見知らぬ美少女にぶつかって、


どしーんっ!

美少女「いったぁーい! あんたどこ見てあるいてんのよ!」

ぼく「うるせぇなぁ! 悪いのはそっちだろ!?」

美少女「ふんっ! バカに構ってる暇はないわ。遅刻しちゃう!」


で、教室に行ってみればその子が転校生だと分かり、淡いラブストーリーのはじまりである。最終的にぼくがイタリアに留学することになって、彼女は小説家をめざしはじめて、ぼくの出国前に自転車に二人乗りで丘に登っていって、


ぼく「雫、結婚しよう!」

雫「嬉しい! あたしもそうなればいいと思ってた!」

ぼく「雫、大好きだ!」


カントリーロード、この道ー、ずーっと、ゆけばぁー、あのー街ーにー、つづいてーるー、気がすーるー、カントリーロー。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。