2008/03/18

花粉症がひどい

花粉症がひどい。

きょうは油断して外出してしまい、帰宅してからずっと鼻水がとまらない。ぼくはもはや泉となった。涸れぬ泉である。永遠のオアシスである。すべての旅人が避けて通るオアシスである。

実際、ぼくはまちがっていた。こんな時期に長時間屋外をぶらぶらするんじゃなかった。つい先日、お外に出るのをやめようって思ったばかりなのに、またしても繁華街で服を買おうとするなんて。しかも、また一着も買ってねぇし。あしたユニクロ行こうとか思ってるし。

しかし、それにしても、今日はひどい。

鼻炎薬も効かないとはいったいどういった了見なのか。薬が花粉に負けているってのか?


薬「だめだ。こらえるんだ。鼻水の生産量が過剰だぞ!」

花粉「うるせー! もっと鼻水を出せー!」

薬「くっ‥‥‥。花粉の量が多過ぎる!」

花粉「薬なんか屁でもないわい! からだは正直じゃのーっ!」


ああ、花粉、なんと憎き存在であろう。加藤鷹も敬服するほどの大洪水を起こすお前は何ものだ? ゴールドフィンガーどころの騒ぎではないぞ。

耐えかねたぼくはティッシュを一枚取り、それを半分にちぎり、まるめて鼻の穴につっこんだ。こうなれば物理的に遮断するしか手がない。ふふ、これで流れ出てくることはあるまい。どう考えてもかっこわるいけど、誰も見てないし、いいさ。へへ‥‥‥へ、へ、へっくし!

どばぁっ!

どろーん!

‥‥‥

あーあ‥‥‥
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。