2008/02/11

環境保全のために

きのうは急遽友人ら四人がぼくの部屋を襲撃し、丸太で玄関のドアをぶち破ったあと、マンションごと「オーエスオーエスッ!」で引き倒し、月の朝夕力を利用しつつ地球の地軸を90度傾けて、全生物の三分の二が滅んでしまうというアクシデントがありました。

はじめて行った近所の中華料理屋は思ったよりきれいで、ぼくはイベリコ豚の黒酢あんかけとご飯を食べました。「おい見ろよあれ、豚が豚を食ってやがる」との陰口を叩かれている気がしつつのお食事でしたが、二連星のごとくひっついている彦口内炎と織り口内炎に気を使いつつおいしく頂きました。

友人達の内実に三人が熱心にシュウカツをやっていて、そんな話題も当然のごとく彼らの口からマッハ6.2で飛び出して来て、ぼくはふむふむとうなずきつつも、心の中で「シュウカツってなんだろう?」と冷汗三斗の思いで鼻水垂れ流しながら聞いていました。ほうほう、農業? おや、キンユウ? 銀行? 銀行ってあれでしょ、お金の、ほら、あれでしょ?

いろいろ話を聞いてみて、どうやら企業(会社みたいなもののことだよ!)の説明会(我が社ではこんなおいしい餃子をつくってるんです! みたいな話を聞く会のことだと思う)ではスーツを着てゆくとか着てゆかないとかいう話を聞いて、ははーん、そうか、さいきん大学でモビルスーツを着ている学生が多いのはそのせいかと合点が行ったのでした。あれはほんと、道とかがったがたになるからやめてほしいのですが。

ぼくはモビルスーツなんか持ってなくて、背広と対放射線スーツくらいしかクローゼットに入ってないから、こんなことじゃダメだと思って酒をグイと飲んだら実はそれがニトログリセリンで胃がドッカーン! ドリフだよー! みたいなギャグをやったらみんなどん引きしてました。

他にも昨夜は一つの一発ギャグを考えまして、生まれて初めて考えた一発ギャグなんですけど、次の飲み会でやってやろうかと考えています。とても公の場でできるネタじゃないし、放送コードには引っかかるだろうな、っていう感じなんですけれども。 「恵方巻き」っていうギャグです。


さて、前置きが長くなりましたが、急に春めいてまいりました。きょうなど、ベランダに出ると春のようにうらららららかでまいってしまいました。2月なのにこんなに暖かくなるなんて、これも温暖化の影響か。ぼくの吐く二酸化炭素の影響か。ならばいっそ、この環境破壊の源を根絶してしまえばよいのでは、と考えました。が、遺体を火葬するときに二酸化炭素がでるし、霊柩車が走るときにも排気ガスが出るじゃん、ということに気づいて、一命を取り留めました。ぼくは環境にはやさしい存在でありたい。

だから、ぼくはこれから、二酸化炭素廃絶を目指して、剣の腕を磨こうと思います。剣も達人ともなれば、分子レベルでものを切れるじゃないですか。だから、剣でCO2をぶった切ってCとO2に分離。O2は酸素ですから、そのまま空気中に逃がす。そして、Cはたくさんかき集めて、右手でギュッと握ってダイヤモンドを生成しようと思うのです。

CO2=C(ダイヤモンド→彼女への気持ち)+O2(酸素→地球にやさしい)

という黄金の公式が誕生するのです。すごい!

それでは、救急車を呼ばれる前に書くのをやめて、そろそろうどんでもゆでて食べようと思います。さようなら。よい休日を。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。