2009/02/20

スロースクワット

去年の暮れあたりから、スロースクワットなるものをやっている。

どういうスクワットかっていうと、膝を伸ばしきらず曲げきらず、そんな状態で一往復3秒ほどかけてやるスクワットだ。これを、3ヶ月ほど、思いついたときに10回やっている。

そんで、2日に10回程度しかやってないのに、スロースクワットの効果は抜群で、足はムキムキになる一方である。あのぶよぶよの太ももはどこへやら、今はけっこうな筋肉質の足になった。

が、腕の方は以前に比べると細くなっている気がする。スロースクワットを紹介してたYOUTUBE上のテレビ番組では、「足の筋肉がつくと基礎代謝が上がって、歩くだけでもエネルギーの消費が増える」なんて言ってたけど、実際そうなって、腕の脂肪が落ちたのかもしれない。

数ヶ月のスロースクワットの末、私が得たのは細い腕と、むきむきの足。

この調子で続けていけば、上半身はより細く、下半身はより太くたくましく、という方向に、どんどん向ってゆくだろう。からだの形が、どんどん三角形に近づいてゆくだろう。

そしたら、エッフェル塔として第二の人生を歩みはじめようか。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。