2009/01/27

さよなら、ブラック・スポット

ヘソの下のあたりに、黒いものができた。それが少しずつ大きくなり、ホクロのようになった。

こいつはなんだろうと、ずっと気にはなっていた。もし私のヘソの下が太陽であるなら、それは黒点に違いなかった。だが、あいにくあんなにピカピカ光ってない。温度もせいぜい37度とかだろう。そもそも、私は天体ではない。

黒点説が却下されたとなると、皮膚の異常に違いない。

私は、気もそぞろになった。

こんなホクロのイミテーションみたいなもんができた日にゃ、皮膚がんの危険を疑ってしまう。よく言うではないか。変なホクロはやばいって。

夜、風呂に入って自慢の生唾ゴックンボディを洗って出てくるとき、下腹部のそいつを見つめ、いよいよ皮膚科に行かなければいけないか、と憂鬱になった。ああ、もしかしたら、麻酔をされてメスで切除されるのかもしれない。いや、麻酔があればいいが、もしかしたら医者がクールポコの坊主の方で、

「やっちまったなー!」

といったあと、

「男なら、ガマン! 男なら、ガマン!」

とか言い出すかもしれない。杵をメスに持ち替えて、男らしいオペをやりだすかもしれない。

い、イヤだぁ‥‥‥。イヤだぁ!!

いくら小さい頃からガマン強い子だと言われ続けてきた私でも、それだけが取り柄だった私でも、皮膚を切除するのには抵抗がある。そんなのぜったいに、オバマが土下座で頼んできたって、あ‥‥‥

取れた‥‥‥。

爪でチョイチョイとやったら、ぽろりと取れました。

人体の異物排除機能というのは、すばらしいですね。
この記事へのコメント
めずらしく真面目な話をしますと、ホクロの類は形成外科に行けばすぐ取ってもらえますよ。
復活したときは参考にしてください。
もし不安ならスィニョリータも一緒に行ってくれるらしいです。
Posted by ながさき at 2009年01月29日 20:54
皮膚科ではなく、形成外科なんですか?

これまでの人生でほとんど医者に行ったことがないので、なんだか躊躇してしまいます。気軽に行った方がいいんでしょうけどね。
Posted by 清水 at 2009年01月29日 22:25
とても参考になりました。また寄らせていただきます。
Posted by 皮膚がんの画像 at 2009年01月30日 17:36
ぜひまたいらしてください。

あれはたぶん、毛穴に汚れでも詰まったのだと思います。よく分かりませんけど。
Posted by 清水 at 2009年02月05日 22:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。