2009/01/08

哲学者

気づいたら、哲学者と呼ばれていた。

ふつう、哲学者になるためにはたいへんな苦労が必要だ。たくさん勉強して、語学が3つ4つできてあたりまえ。長年の研究成果を踏まえて、いい本を書いて、世界中に認められて、ようやく一人前の哲学者になれる。ソクラテスとかデカルトとおなじ職業の人、って認めてもらえる。

けれど、イタリア語の授業でだけは、私は「哲学者」だ、もうすでに。

はじめは、ちょっとした冗談だと思った。

「次の訳は、哲学者」

とイタリア語の先生が言った。それは、私のことだった。振り返ってみても、そこにはプラトンもニーチェもいない。先生の視線はまっすぐ私に突き刺さっていた。私が哲学科の学生で、大学院も行くって話をしたから、そんな呼ばれ方をしたのだ。けど、そんときは、そんときだけだと思った。

あれから数ヶ月、私の名前は「哲学者」で固定されてる。固定されてしまっている。

出席を取るときだけは、さすがに出席簿には本名が記されているから「清水」と呼ばれるのだけど、それ以外は「哲学者」だ。他の学生も、話した事はないけど、たぶん、みんなおれのこと「哲学者」として認識してる。教室に入るとき、「あ、哲学者来た」とか思われてる。

「おーい、哲学者」だなんて、アリストテレスだってハイデガーだって呼ばれてなかっただろう。だって、ふつうそれは二人称には使われない。それは、職業名だ。


それに、ほぼ一日中YOUTUBEでお笑いの動画を漁ってる24歳男性は、ぜったい哲学者ではない。ぜったいにね。
この記事へのコメント
もうご存じの可能性もありますが、YOUTUBEにある『中村屋』っていう動画のフラッシュが面白かったなあ。
Posted by ながさき at 2009年01月08日 23:58
中村屋                                     中村屋            ながさき屋                                                                        不二屋                 不二子・F・藤屋                                       不眠不休屋
Posted by 清水 at 2009年01月09日 01:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。