2008/12/23

ワードと仲直りしに

昨夜も書いたように、今日はこれから卒業論文の誤字を直しに大学に行く。

ところで、ふと気づいたのだが、このミスはぼくの心がけ次第でいくらでも防止できたはずなのだ。ワードのスペルチェック的な機能をONにさえしていれば、ワードの方で「ここ間違ってますよ!」という意味の赤い波線を表示してくれたはずなのである。

なのにぼくは、あの線を表示させないようにしていたのだ。

「なんだお前、またミスでもないとこに線を引きやがって。使えねぇ女だぜお前ってやつは」

「ごめんなさい、あたし、人間の微妙な言葉遣いとか外国語はわからないことがあって‥‥‥」

「もういい。お前は黙ってろ! そんな機能はもう必要ねぇ!」

「ま、待ってあなた! 19ページの、ほら、この部分に‥‥‥」

「うるせぇ、いいからお前はおとなしくしてろぃ!」

と、江戸っ子さながらの関白亭主ぶりを見せつけ、ぼくはワードの奴を黙らせてしまったのだった。が、今になって、その報いがやってきたというわけだ。あいつの言うことが正しかったのだ。

大学に行ったら、ぼくはあれだけ怒鳴りつけ殴りつけたワードとまた顔を合わせなきゃいけない。とっても気まずい瞬間だ。けど、ぼくは素直に謝ろうと思う。自分の非を認めて、「お前の線を消してごめんよ」って、言おうと思う。

そしたら、あいつはぼくのことを許してくれるだろうか? ぼくたちはまた仲直りして、気持ちよくクリスマスを過ごし、正月を迎えられるだろうか?

自分の傲慢さを身に染みて感じた、ある冬の日。
この記事へのコメント
ワードなんかと付き合わないで!!
クリスマスは私と過ごすのよ!!
貴方は私のサンタさんなんだから。

…でも貴方はむしろトナカイ役の方がお好みなのかしら?
仕方ないわねえ。

速く走りなさい!
こんな豚のようなスピードじゃ子供達にプレゼント配れないじゃない!
え?何?自分もプレゼントが欲しいの?
ほうら!プレゼントだよっ!!

ピシッ!ピシッ!(←ムチの音)
Posted by スィニョリータ at 2008年12月23日 23:30
そうですね・・・、「画鋲にkiss」って誤字を見たときは心が震えました。
ブログも下線、、、欲しいですね・・・。

なーんて。リンクありがとうございます!
Posted by 石戸きい太 at 2008年12月24日 00:05
>スィニョリータ
くはぁっ! きみのプレゼントはとっても刺激が強いね。鼻だけじゃなく、全身が真っ赤になってしまいそうだよ。

>石戸きい太さん
チッ! 気づかれる前に直せたと思ったのに! いやぁ、やけに物騒というか危なっかしいタイトルだなぁと思ってたんですけど、餅でしたか。

いま変換して気づいたのですが、画餅で「がべい」と読むのですね。はじめて知りました。今後よろしくお願いします。
Posted by 清水 at 2008年12月24日 00:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。