2008/11/17

ジングルベルってどんなベル?

クリスマスの雰囲気が色濃くなってきた。スーパーに行けばクリスマスソングが垂れ流され、わが大学では木に電飾を施したりなどしている。私はそれを苦々しい顔で毎日眺める。キリストだって、きっと、天から苦々しい顔で日本人の浮かれ具合を眺めてる。

おいおい、せっかくおれが十字架にまで架かって原罪をあがなったっていうのに、こいつらおれの誕生日に原罪犯しまくってるよ。

って思ってるに違いない。もうやってらんない、っつって頭の上の茨の冠を放り投げるに違いない。

けれど、事実として、クリスマスはカップルで過ごす、みたいなことが定番となっているわけで、女の子に振られた直後の私としてはクリスマスソングを耳にするたびに心の傷口に5リットルのタバスコを注がれたような痛みが走るのだ。

ああ、もう、なんならゲームやアニメの中の女性とクリスマスを過ごそうか。あの子(たち)と、楽しくクリスマスパーティをしたり、ツリーを見に行ったりしようか‥‥‥。

「でしたら殿様、まずディスプレイの中から美少女を出してください。さあ、はやく!」

一休が坊主頭を光らせながら、手に縄を持って私に言った。私はがっくりとうなだれて、現実に引き戻された。今年も、私のジングルベルは鳴らない。

そう、ピクリとも鳴らないのだ!

街を歩くカップルどもはシャランシャランとジングルベルを鳴らし、ジングり合いながらデートをして夜はシングルベットでジングルベっているのだろうが、私にはジングる相手がおらず、ジングルベルも持ってないのである。

私はかねてよりクリスマスには反対の立場を表明してきたわけであるが、今年は真っ向からジングることに対抗し、私はジャングることにしたい。ジャングルベルを鳴らしたい。ジャングルベール、ジャングルベール、ド〜ンキ〜コ〜ング。というわけである。2008年の12月24日の夜から翌日未明にかけて、京都の街には私のドラミング(胸をドコドコと叩く行為)の音が響き渡ることだろう。

さあ、ジングルベルを奪い、地面に叩き付けて粉砕せよ! ジャングルベルという名のドラミングを打ち鳴らせ!
この記事へのコメント
ブログのネタはいつ考えているのですか?
授業中ですか
Posted by ノーターリン at 2008年11月19日 00:05
>ノーターリンさん

コメントありがとうございます!

授業中も、先生の話を聞いて突発的に思いつくこともありますが、特に「いつ」考えているということはありません。歩いているときだったり、勉強してるときだったり、日記を書き始めてからだったりします。

最後のがいちばん多いですね。
Posted by 清水 at 2008年11月19日 18:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。