2008/11/13

自己矛盾したい年頃

インターネットというものをご存知でしょうか? これは世界中のパソコンが繋がって形成している巨大なネットワークで、人々はそれを利用していろいろな情報を発信したり受信したりできるのです。

しかし、活発なコミュニケーションを促す便利な面とは裏腹に、ネット(インターネットの略)には負の面も存在するのです。巨大掲示板では誹謗中傷の嵐が吹き荒び、犯罪の温床となることもあります。そして、ネットを見なければ知らずに済んだイヤな情報も目に入ってきます。

「知らぬが仏」

と言いますが、ネットで無数の情報が得られるようになった現在、仏はどんどん少なくなってきています。菩提樹の下でいびきをかいていた仏陀も一目散に逃げ出す情報過多時代なのです!

もちろん、ネット上の情報のかなりの部分が「ウソ・大げさ・紛らわしい」ものでしょう。JAROだったらちょっと見ただけで青ざめて匙を投げるしかないほど、不確かな情報が多いのです。それもこれも、誰でもが無責任に情報を書き込めるというネットの特性ゆえなのです。

当ブログは、インターネットに反対します。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。