2008/11/04

遅すぎた発想の勝利

room.jpg

この部屋に住んで一年半、はじめて模様替えをした。部屋の中央にあったテーブルを隅にやって、隅にあった机を手前に引張り出したのである。

これによって部屋の中央のあたりで、イスに座って勉強ができるようになったのだ。なんというすばらしい発想だろうか。もうぼくは金輪際あぐらをかいて辞書をひいたりはしないのだ。これまでは床に座って勉強してたのだが、もともとそういうのはイヤなのである。イスに座って勉強したい、欧米的な人間なのである、ぼくってやつは。

今日はさっそくこの配置の中で勉強をして、とっても幸せな気持ちだ。お母さん、生んでくれてありがとう。

それにしても、机とテーブルの位置を変えるという発想がなぜ一年半も出てこなかったのか。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。