2008/08/21

NOT BURNING

今月から、家庭教師の仕事を再開した。

家庭教師など楽そうだと思われる方もいるかもしれないが、これがそうでもないのである。knowやhimの意味から教えてゆくという、過酷な仕事なのである。受動態の過去形ともなれば、作業は困難を極める。

昨夜は深夜2時まで自分の勉強をしていた(起きたのは昼の1時だが)。そして、今日も夕方からバイトである。しかし、生徒から連絡があり、部活の試合のため休ませて欲しいとのこと‥‥‥。せっかくthoughtの現在形を教えてやろうと意気込んでいたのに、不完全燃焼である。

そういえば、thoughtのghは発音しないのになんであるのかと、存在意義がないじゃないかと、ghバッシングをしつつ僕は自転車で大学の図書館へ向った。たまには部屋以外で勉強するのもいいだろう。

大学につき、図書館の入り口の前まで来て、ふとお尻のポケットに手を当てると財布がない。僕の脳は即座に推論をはじめた。財布がないということは、学生証もない。学生証がないということは、図書館に入れないということである。

また、不完全燃焼である。いや、1mmも燃えてない。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。