2008/08/06

院に向けて

大学院の受験に向けて、勉強をせねばならぬ。

これまではっきり書いてなかったかもしれないが、私はいま通っている大学の院に進学したいのだ。大学の友人が「ナイテー」を取っただの取れなかっただのと一喜一憂している側で「リクナビってなに?」と鼻水垂らす日々である。

七月いっぱいで期末試験を片付けた私は数日間だらけていたのであるが、さすがにそろそろ勉強を再開しないとマズいと思った。このままでは院の試験に落ちる。院に行ったとしても将来は不安だが、ニートになったらもっと不安である。勉強道具とパンとナイフを詰め込んで図書館に向った。

すると、図書館がうるさいのなんの。

自分の試験が終ってたもんだから、てっきり学校全体の試験期間も終ってると勘違いしてた。地方の美術館並にガラガラの図書館を想像してたのに、あれじゃまるで都会のスタバである。混んでる上におしゃべりをする輩もいて、神経が一般人の500%もある私としては勉強どころではなかった。

それでもなんとか2時間ほど粘ったのであるが、粘り気が一般人の20%しかない私はギブ・アップし、部屋に帰った。

その後、家庭教師をやりに自転車で片道30分かけて生徒の家へ。炎天下の中、汗だくで自転車を漕いだ。金欠気味で食事もろくに食べれていない私は、もうふらふらである。

この調子だと、大学院ではなく、病院に入ることになりそうだ。
この記事へのコメント
将来の夢はなんですか?
Posted by まるぼーろ at 2008年08月08日 03:52
将来は自由について研究したいです。自由研究です。
Posted by 清水 at 2008年08月08日 18:39
ニートですね
Posted by まるぼーろ at 2008年08月08日 23:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。