2008/07/30

おれのズッキーニ

というわけで、本日をもって期末試験が終った。

もうかれこれ三年半感じていることだが、試験期間中は大学にさまざまな生徒が溢れている。そう、脳みその代わりに綿が詰まっていそうな雰囲気の人々である。おかげで図書館は喧噪渦巻くスバタ的空気に包まれていたが、それも本日付けくらいで終るはずだ。

何を書くか決まらないまま四センテンス無駄にしたわけだが、いま書こうと思っていたことを思い出した。きょうのイタリア語の試験ですばらしいものを見たのだった。

そのイタリア語の授業ではちょっとした顔見知りの女の子が一人いたのだが、その子の変貌ぶりがすごかった。以前は大人しくて地味な子だとばかり思っていたのに、だんだんとファッションが過激になってきたのだ。徐々に露出が激しくなってきたのだ。

はじめはふつうにシャツとジーンズといった出で立ちだったのだが、きょうはもう、全身黒で、上はアミアミで肌が透けて見え、下はと言えば、白い太ももがあらわであった。しかも、これは強調しておきたいのだが、太ももはあらわでさらにニーソである。黒いニーソックスである。

以前はなんとも思っていなかった子だが、このようなアートを見せつけらてはぼくのズッキーニも眠ってはいられなかった。ジッパーに封印されていたイタリア人の魂が疼き出した。

疼きつつも問題を解くこと一時間と少し。ようやく解答を終えたのは試験終了3分前という体たらく。しかも、何カ所か自信のないところもあった。ぼくの中のイタリア人の血液はぜんぶ下の方に集まり、頭がお留守だったようである。
この記事へのコメント
ズッキーニがズッキズッキしてたんですね!
いや黒いニーソックスとかなら仕方がないと思います。完全に不可抗力です。10対0で向こうが悪いですよ。

私の方もやっとテスト終わりました。さぁさっそくすることなくなった!
Posted by キイチ at 2008年07月31日 19:50
そうです、ズッキーニがズッキーンだったんです。

テストが終ってすることがないのならブログをはじめたらいいと思いますよ。ブロガーになれば女の子にもモテモテで、さらに嬉しいことにお金もがっぽり入ってきて、人生はバラ色一色ならいいのに!
Posted by 清水 at 2008年08月01日 01:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。