2008/07/01

御多福珈琲

ネットラジオ『トム&ハンクス』が、最終回を迎えてしまった。二年近く楽しませてもらったこのラジオが終了し、もはやぼくの手元に残された娯楽は読書だけとなってしまった。

先日いっきに9,000円分の本を購入し書籍部のレジの人に苦笑いさせたところであるが、きょうも四冊買ってしまった。トム&ハンクスが終ってしまったことによるヤケ買いである。ヤケ読みである。

ぼくは『漱石文明論集』を携えて四条河原町のあたりにあるソワレという喫茶店に向った。いくつものいかがわしいお店を横目に見つつ、出会い喫茶なるもののチラシを手渡されそうになりつつ、ソワレに向った。着いた。定休日であった。ずっこけた。

そこで、急遽予定を変更して御多福珈琲(オタフクコーヒー)に行った。

狭い入り口はすぐに地下への階段に通じている。たぶん太ったアメリカ人は腹にグリスを塗らないと入れないだろうという狭い階段を降りてB1へ。そこは10人ちょっとで満席になってしまいそうな、こじんまりとした部屋になっていた。

「いらっしゃい」

気さくで爽やかなマスターがぼくを迎えてくれた。と同時に、ぼくの目を奪ったものが一つ。マスターのもみあげである。

それはそれは長く立派なもみあげがマスターの両頬にあった。ややもすれば顎の下で左右のもみあげが出会い、その幸福な結婚がヘルメット的なシルエットを形成するのではないか、というほど立派なものだった。

ぼくはブレンドコーヒーとジャムトーストを注文した。店内を見回す。実にシンプルだ。小さな木製のテープルが六つか七つ。それにカウンター席。どこにいてもマスターの声ともみあげを堪能することができる。

鞄から漱石の本を取り出し、ぼくは「私の個人主義」を読みはじめた。さまざまな本で言及されているこの講演記録、お固い論文的なものかと思ったらとんでもない、ユーモアに富んだ軽快なトークであった。ぼくはなんどもコーヒーを吹き出しそうになったほどだ。

しかし、いかんせん狭い店内なので、どうしても他の客のことが気になってしまう。なにしろ隣の客とはももとももが触れ合いそうな距離なのだ。

二つとなりにはハーフらしき男性と外国人が好きそうな女の若いカップルがいた。二人はハリウッド顔負けのアメリカン・イングリッシュを交えながらおしゃべりをしていた。アメリカのハイスクールがどうの、ユニヴァースィティーがどうの、ということであった。ぼくは、自分が英語をしゃべれないことが悔しくなり、心の中で自分に「Son of a bitch!」と叫んだ。

すぐ隣にはOLらしき女性と若い今風の男性がいた(「今風」というのはオブラートに包んだ表現なので、各自心の中でそのオブラートを剥がして頂きたい)。女性は饒舌だったが、男性はなにか気乗りしないのか、終始寡黙であった。十中八九、女性の方がかなり年上だ。なんだかカネのにおいがした。ぼくは、ふと、浪人時代に図書館の司書のおばさんにラブレターをもらったことを思い出し、コーヒーの苦さが60倍になった。

そう、コーヒーはかなり濃く、苦かった。しかし、それがおいしかった。コーヒーのおいしい喫茶店である、ここは。

人柄のいいマスターとアットホームな店内がぼくらを迎えてくれる地下の隠れ家的喫茶店、御多福珈琲(モミアゲコーヒー)に、ぜひ足を運んで頂きたい。
この記事へのコメント
ぴんすけがblog始めたそうです。
http://d.hatena.ne.jp/nishiokamakoto/
Posted by 匿名希望 at 2008年07月01日 07:30
いまだに日記タグ関連のコメントがつくのは嬉しいことです。ぴんすけさんのことほとんど知りませんが。
Posted by 清水 at 2008年07月03日 20:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。