2008/06/16

ペンネンネネム

京都には素敵な喫茶店がいっぱいだ。この頃ぼくは、個性豊かな喫茶店をめぐり歩くことにご熱心なのである。

先週の金曜日は六曜社というカフェにいった。地上と地下、それぞれに店舗があるのだが、下の階に行った。狭い店内は赤い照明で照らされ、カウンターの向こうにはさまざまなコーヒー豆やお酒が並べられている。とてもおしゃれである。(これ以上のことはぼくの表現力では表せない)

しかし、六曜社なんかどうでもいいんだ。今回、この『京都のカフェめぐりブログ』にてご紹介するのはこちら、ペンネンネネムである。

ペンネンネネム、である。

ペンペンネムネムではない。ペンネネネウムでもない。ペンネムエヌムですらない。ペンネンネネムである。

Nの出血大サービスを行っているこのカフェは、ぼくの家から徒歩5分のところにある。ぼくの家に突撃したい人はこの店の場所を調べればだいたい見当がつくわけである。一階が中古のブランド品とか扱ってる店になってて堀川通に面してるマンションだから、ぜひ見つけ出してみて欲しい。部屋は11階である。

話がそれたが、そのペンネンネネムにきのう行ってきた。これがもう、筆舌に尽くし難いほどすばらしいお店だった。だからもう、文章はやめて写真を載せようと思う。これである。

nenem.jpg

ある道(ぼくがマックに行くときに歩く道)に、この秘密の町家カフェへの入り口はある。あまり目立たないから、注意しなきゃいけない。

この、建物に通じてる細道がまた素晴らしく、一ひとりがやっと歩けるような道で、両側が木の樹皮で挟まれてるのだ。小道フェチとしてはもう、これだけでよだれがとまらない。う、うひっ、うひへっ。

がらがらがら、と引き戸を開けると、そこはおばあちゃん家のにおい。つまり、むかしながらの日本家屋の、懐かしいにおい。

「いらっしゃいませ」

お店のお姉さんが出迎えてくれて、「お好きな席へどうぞ」。けど、喫茶店にきたというより、どこかの家に遊びにきたという感覚である。ぼくは上がりかまちで靴を脱ぎ、畳の部屋にあがらせてもらった。思わず「おじゃまします」と言ってしまった。

部屋の中にはところせましと絵本や本、DVDやおもちゃが飾られている。ペンネンネネムという店名は宮沢賢治の作品のタイトルからとられているのだが、賢治の作品がたくさん置かれている。ぼくは、喫茶店に来たつもりが最終的にぼくの方が食べられちゃいはしないかとヒヤヒヤした。

ぼくはマンマのパスタというエビとトマトのパスタと、コーヒーを注文した。それから一時間ちょっと、ゆったりとした時間を過ごした。繁華街にある喫茶店と違って、お客さんもあまりおらず──ぼくの他には親子連れが二組いただけだった──心が落着く。それはなにより、畳と木の家のにおい、あるいはその下の地面からかおる土のにおいのおかげであろう。

戦後、日本は西洋文化を取り入れ、木の家よりもコンクリートの家に住むようになり、土と木のにおいを忘れてしまいました。だけど、こんな荒んだ時代にこそ、ぼくらは昔の日本人の生活を思い出し、ほんとうの豊かさを取り戻すべきなのかもしれません。


ランキング


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。