2008/06/10

喉ちんこフリカティブ

ぼくは、得意げにアメリカン・アクセントで英語をしゃべる女子が嫌いだった。

なんだかわからない、あの独特の音。「うぅうぅ」という‥‥‥違う、「あぅあぅ」‥‥‥違う、「うぉうぅ」でもない‥‥‥そうだ、日本語じゃないから日本語で表記できないんだった。うっかりだ。

要するに、アールの音だ。舌をのけぞらせて口の奥の方にやって発音する音だ。へい、トム。英語で作家はなんて言うんだい?

"Writer"

これだ。

ぼくは昔からこの音が嫌いだった。だから、トムのことも嫌いだ。もう合衆国に帰ってくれ。

アメリカ人に比べて、イギリス人の英語は好きである。あの変なアールの音がないからだ。それに、他の音も、日本人のぼくには聞き取りやすい音ばかりだ。この印象の違いは、だいたいアールの音の発音の差に起因するといっていいんじゃないだろうか。

なぜこんなことを言うのかと言うと、音声学の授業で聞いたからである。あの授業はこれまでの人生でずっと心の隅に埋もれていた言語の発音に関する疑問を解き明かしてくれる。喉に詰まった魚の骨が取れたかのように、すっきりする。

他にも、さっきトムが発音してくれたwriterという単語。これはアメリカ英語ではライターではない。ライラーと発音される。そして、riderも音便によってライダーからライラーになる。実は、発音されるときはほぼ同じ音になるのだ。

他におもしろかったのは、喉ちんこを使った音である。喉ちんこをふるわせると、おもしろい音が出るんだ。口のどこかを摩擦させて出す音をフリカティブ(fricative)という。だから、喉ちんこの摩擦音は喉ちんこフリカティブである。あなたが喉ちんこを震わせたから、喉ちんこフリカティブである。

それは、うがいをするときに出る「ああああああ」という音だ。‥‥‥いや、違う、「がああああ」‥‥‥違う、「がらがらがらがら」‥‥‥。そうだ、日本語にはない音だから、日本語では表記できないのだった。

この音を知ったとき、ぼくの中で謎が氷解した。

もう三年間気になっていたドイツ人ネイティブのrの発音である。赤はドイツ語でrot。ぼくはこれまで、ずっとカタカタ読みで「ロート」と発音してきた。けど、ネイティブの先生はどこか違う音を出していたから、とっても不思議だったんだ。別に、「ロート」だって通じるけど、ずっと、何か微妙に違うと思っていた。

すると、この「ロート」は、rの部分で喉ちんこフリカティブを用いる、ということが判明したわけだ。年という意味のJahr(ヤール)も同じ。

日本語にはない音を探すというのはおもしろく、そういう所にも言語を学ぶ楽しさがある。全般的にみて、フランス語は口の出口の辺り、舌先や歯のあたりを使う音が多く、ドイツ語は口の奥の方を使う音が多い気がする。中国語は濁音と清音の区別が希薄で(そのため中国人留学生は日本語の濁音を清音にして発音してしまうことが多い!)、アラビア語には喉のずっと奥の方を使う独特の音がある。


さて、少し前置きが長くなってしまった。たぶん「ロート」が云々という部分で大半の人はこのブログをお気に入りから削除したであろう。けど、気にせず日記を続けよう。

きょうは、暑かった。六月の本気をみた気がする。

「六月の太陽ナメんなっ!」

という声が、上の方から響いてきた。

「雨雲があるからまだ涼しいけどな、ほんとは七月とか八月にも負けてねぇんだぞおれはっ! 雲さえなきゃもう夏本番なんだぜっ!」

という太陽の叫び。今日は本気が出せてさぞ気持ちがよかったであろう。(ちなみに、スイッチをONにすると太陽でOFFにすると月になると勘違いしている人が多いが、月と太陽は別々の天体である。)

一方、ぼくは疲弊気味である。これだけ授業が続くと、なんだか精神に弾力がなくなる。ゴムが使い過ぎでのびのびになって、びろーんとして、「も、もうだめっすよぉ‥‥‥」という状態だ。まるでぼくの下着と同じだ。

ぼくはそんな疲れを癒してもらおうと、今日も好きな女の子に告白した。

「きみなしじゃ生きていけないんだ!」
「じゃあ死ねば」

やんわり振られてしまった。

ぼくは傷ついた心を抱いて、部屋に戻ってきた。そうして、ドイツ語のアールの音、すなわち喉ちんこフリカティブの練習をするのである。

「あああああああああーっ」

「ぐああああああああーっ」

「がらがらがらがらがらっ」

「うぐらほげぐりぽんでりんぐっ」


ランキング
この記事へのコメント
気になったのでコメント残させて頂きました(^ ^)v
Posted by サウルコス at 2008年06月10日 23:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。