2009/02/04

フォーリン・ダウン

きょうは晴れて、気持ちのいい一日だった。

朝、目が覚めると、ぼくはマンションの屋上に上って鳥小屋の扉を開け放った。するとハトたちが勢いよく飛び出し、青空に羽ばたいていった。ぼくはラッパを吹いた。冷たい朝の空気の中を、ラッパの音が響いてゆく。

それから、ハトに餌をやって(毎朝、ラッパを吹き終わると餌をやることになっている)、きのうの夜拾ってきたシータに朝ご飯をつくってやった。ぼくは、

「空から降ってきたから、天使じゃないかと思っちゃったよ」

という決め台詞で口説きにかかったのが、無邪気なのか、それとも経験豊富なのか、かるく受け流されてしまった。空から落ちてきたくせに、かんたんには落ちない女だ。

それから、空賊や自衛隊に追いかけ回されたりしたのち、ラピュタをめざした。

ラピュタは空のどこかに浮かんでいるという伝説の島だ。むかしぼくの父さんが写真をとってきて、何度も話をしてくれた。街の人たちはラピュタの存在を信じなかったけれど、ぼくの父さんは嘘つきじゃない。きっとあるって、信じてたんだ。

ぼくたちはいくつもの困難を経てラピュタを発見した。シータの命を何度か救い、最終的にはシータに「ぼくの部屋に来なよ」と言ったら「うん」と答えたのですごく嬉しかったんだけど、そんなこんなで昼過ぎになった。

きょうは、ドイツ語検定の結果が郵送されてくる日だ。

3時くらいに郵便受けをチェックすると、そこには一つの小さな茶封筒があった。待ちきれないとばかりに封を破って、中の紙を取り出し、読む。すると、

「不合格」

とあった。

「そ、そんな‥‥‥。うがぁ!」

ぼくは叫んだ。そして、がっくりとうなだれた。「不合格」という文字は、どういいように解釈しても「合格」ではなかった。 「不」という漢字が頭についてるってことは、それは否定の意味であり、「合格」ではないってことだ。要するに、落ちた。

そう、ぼくは負けたのだ。ううぅ‥‥‥。

「パズー、どうしたの? そんな悲しそうな顔して‥‥‥」

シータが、布団で胸を隠しながら、ベッドからぼくに言った。

「ドイツ語検定に、落ちたんだ」

「まぁ」

飛行石があっても試験には落ちるんだね、なんて下手な冗談を言いながら、ぼくはまたベッドにもぐりこんだ。

今回の試験は、面接を甘く見すぎていたようだ。なんとかなるだろうと軽い気持ちでいて対策をほとんどしていなかった。この不合格通知は、一種の、神のイカヅチであろう。

シータが落ちてきて、恋に落ちて、シータを落として、試験に落ちて、そんな、落ちっぱなしの一日だった。

2009/02/05

煉獄

ダンテの『神曲』っていう本を読んでいる。

この物語は主人公のダンテが、詩人のウェルギリウスという人に導かれて地獄・煉獄・天国をめぐるというお話なんだけど、ハラハラドキドキの一大スペクタクルだ。かずかずの責め苦が罪人を苦しめる地獄なんか、さながらハリウッド映画、もしくはファイナルファンタジーの世界である。

かんたんにあの世の地理を説明しておこう。

地獄は9つの谷からなり、すり鉢状になってて、罪人がさまざまな苦しみを与えられている。火あぶりにされたり、穴に頭から突っ込まれていたり、悪魔に体を切られたり。いちばん浅い地獄である辺獄ってとこには、なんとプラトンなど古代ギリシャの哲学者たちがいる。「そんな人まで!」という人が、地獄に落ちてる。

煉獄は、天国にゆく前に現世の罪をあがなう場所。天国行きは確定してるんだけど、現世で罪を犯した人はここでそこそこ苦しい刑に処せられ、それからやっと天国に行ける。中には数百年間、ここにいなきゃいけない人もいる。かわいそうである。

天国は、聞いた話だと、光の国らしい。苦しみはなく、とにかく光に充ちてて、ぴかぴからしい。キリストとか、トマスとか、マザーテレサとかがいるんだろう。

『神曲』では、そんな場所をダンテとウェルギリウスが二人で旅するんだけど、この二人の関係がちょっとあやしい、とぼくはにらんでいる。

ダンテははるか先輩であるウェルギリウスのことを「先生」と呼び、慕っている。先生は旅の途中でダンテに教えを与えたり、崖を上る手助けをしたり、ダンテがよそ見をしたいすると、しかったりする。完全に、BL系の準備は整ってる。もう、いつ二人の濡れ場が描かれるのか、赤面してハラハラしながらページをめくる日々である。

きのうは、ふたりが悪魔大王ベルゼバブ(頭が3つあってすごいでかい)の足の下にいって地獄の底を抜け出た。足の途中あたりで重力が逆になって、ダンテとウェルギリウスは地球の反対側に出たのだ。次にめざすは、煉獄。そこで、私はジュンク堂で煉獄篇を買ってきた。いま、ふたりは煉獄の山の中腹あたりにいる。

で、それはいいんだけど、本屋に天国篇がなかった。

地獄篇と煉獄篇はひら積みにされてたのに、天国篇だけ影も形もない。

それで、「もしかして!」と思ってインターネットを使って調べてみたところ、私が手を出した河出文庫の『神曲』は、まだ煉獄篇までしか出てないんだという。天国篇は、まだ印刷されてないんだという。

天国への到着を焦らしながら待たされる。

まさに私が、煉獄の山に放り込まれたわけだ。

2009/02/06

ワンコインにキレる

ワンコインって言うなっ!

少し前から気になっていたんだけど、ワンコインという言い方が許せない。どうしたって、許せない。

「ワンコインでできるランチ」

ふ、ふざけるなっ!

考えてみて欲しい。ワンコインというのは、一枚の硬貨、という意味だけれど、日本の円には硬貨がいくつもある。アルミでできた軽い1円玉、黄金色が美しい穴のあいた5円玉、もっとも親しみのある10円玉、銀色に光る穴のあいた50円玉、さまざまな場面で活躍する100円玉、もっとも大きい500円玉、総勢6種類ものコインがあるのだ。

それだけのコインがある中で、ワンと言われたって、そのワンはどのワンやねん! どのコインがワンやねん! と思わずにはいられない。

それなのに、あいつらは勝手に「ワンコイン=500円玉」という方程式をでっち上げてしまい、「ワンコインつったら500円玉っしょ? 決まってるじゃん。そんなことも知らなねぇの?」みたいな顔をしてやがるのだ! くっそー! 腹立つ!

もう、だったら下の方に書いとけよ! 註をつけて、「ワンコインのコインは500円玉のことです」って書いとけよ! すっごい二度手間だけど、どうしても「ワンコイン」っていう言葉を使いたいんだったら、そう書いとけよ!

よし、じゃあ、いいだろう。お前らが言うように、ワンコインといったら500円のことだってことにしよう。そこんとこは譲ってやろう。でも、いつでも500円玉を持ってるとは限らんやんか!

だから、500円(お前らの言うワンコイン)のものを買うときでも、100円玉4枚と50円玉1枚と10円玉4枚と5円玉1枚と1円玉5枚を出すこともあるわけで、そしたらワンコインどころかフィフティーンコインだ。いや、複数形だからフィフティーンコインズだ。ふへへ、ざまぁみやがれ!  「ワンコイン」のものを買うのに

○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○

ほら、これだけ大量のコインを出すことになるのだ。

こうなったらワンコインなんて言葉は崩壊せざるをえない。わかったら、いますぐその「ワンコイン」という文字を消せ! 「ワンコイン」を「サムコインズ」にしろ! さもなくば、なんでも1円で売るがいい!

2009/02/08

バレンタインデー随想録

バレンタインデーは、「女が好きな男にチョコをあげる日」でもあるが、「好かれてない男が女にチョコをもらえない日」でもある。


ふつうは女が男にチョコをあげるけれど、男が女にあげるときは逆チョコ、というらしい。

とすると、女が女にあげるのはなにチョコだろう? ユリチョコ? 男が男にあげるのは、ウホチョコ?


バレンタインデーの宣伝の裏側には、日本歯科医師会の隠謀があるんじゃないか。そう疑っているのは私だけだろうか?


2月14日は、むかしから聖ヴァレンタインの祝日で、この日の朝、男がはじめに目にした女が真実の恋人になるという俗信があった。

とすると、チョコははじめ、餌として使われたに違いない。愛する男を虜にするための、女の武器として、導入されたに違いない。

女、チョコを持つ。

男、チョコの甘い匂いに誘われて女に近寄る。

男、女を目にする。

女、男の真実の恋人になる。

というプロセスを完成させるための、餌。

それが、チョコレート。


バレンタインデーには、甘い思い出より苦い思い出の方が多い。


つい一週間ほど前に、でっかいバッグを買った。かなり大容量ので、辞書が5冊以上は入るだろうし、他にも、たくさんのものが入る。

別に、バレンタインデーに備えて、ってわけじゃない。


カカオ豆の輸入経路をなんとか遮断できないかと、考えている。

2009/02/11

迷いウィンナー探してます

昼過ぎに起きて、私は焼きそばをつくろうと思った。

キャベツとにんじんを刻む。

しかし、このあと、一つの異変に気づいた。なんと、昨夜買ってきたはずのウィンナーが見当たらないのだ。

その前から備蓄してあった分は、ある。けど、新しく買ってきたはずの、ちょっと高めのウィンナーは、どこにもない。冷蔵庫の中にも、食糧用の引き出しの中にも、どこにも‥‥‥。

ウィンナーが、消えた。

一瞬、あいつが家出したんじゃないか、と思った。まず真っ先に浮かんだのが、それだった(私の頭の中は、そんな状態なのだ)。この雨の中を、あいつは、焼きそばにされるのがイヤで、逃げたんじゃないか。

ウィンナーにだって、思想くらいあるだろう。理想もあるだろう。おれはバーベキューにされたいとか、前世で恋人同士だった目玉焼きと結ばれたいとか、女子高生に食べられたいとか、いろいろ、あるだろう。24歳の男に焼きそばの具にされるのは、彼のポリシーに反していたのかもしれない。

他にも、ウィンナーがなくなった原因として、スーパーからの帰り道で落とした、カゴから袋に入れるときに入れ忘れた、そもそも買い忘れていた、泥棒が入って金目のものがないからウィンナーだけ盗って行った、神によって私の脳からウィンナーを認識するための能力が剥奪された、などが考えられるが、真相は闇の中だ。

もし、この夜の闇の中、ずぶぬれで泣いているウィンナーを見かけたら、私までご一報ください。

2009/02/13

機械のからだ

cb.jpg

もう10日ほど前だが、カラーボックスを買ってきて組み立てた。

そのとき、私は右手のひらに傷を負った。ネジが固いからドライバーを思い切り手のひらに押しつけ、しまいにはゴム手袋なんかはめて作業しちまって、その挙げ句、手の中心の薄皮がちろっとむけたのである。

20代30代の人に分かりやすく説明するなら、ドラゴンボールに出てくる人造人間になったドクターゲロのような感じだ。

それから、米を研ぐこともままならない日々を過ごし、私の傷は癒えた。自己治癒力、万歳。むしろ、私の右手のひらには厚くて固い皮ができ、より強い皮膚に生まれ変わったのである。負傷を負って強くなる。サイヤ人のシステムである。

「傷が治ってよかった」

私はほっと安堵し、バンドエードを貼らずに食器を洗い、シャンプーをし、いろんなものを握るという平和な生活を送っていた。

そんな矢先、こんどは右手親指にあかぎれが生じた。ぱっくりと、小さな太平洋海嶺が出現したのである。

いよいよ、人造人間への憧れが募ってきた。

2009/02/14

鏡の国の

haircut.jpg

美容院に行って、髪の毛を切ってきた。

イスに座り、切ってもらう髪がまだあることを神に感謝しつつ、美容師のハサミさばきを観察していた。さすがはプロ。慣れた手つきで伸びに伸びた髪を切ってゆく。

そこでふと、美容師が左腕で髪を切っていることに気がついた。彼は左利きらしい。

「そういえば美容師の人って左利きが多いなぁ、どうしてだろう?」

なんて不思議に思ってたんだけど、考えてみたらアレだ、鏡のせいだった。

2009/02/15

草を食え

草食系男子、なんていう言葉を耳にした。

どんな男子かっていうと、恋愛にあまり興味がなく、女の子にがっついていない、むしろ乙女チックな男子のことらしい。

若者にパワーがなくなったと、ここ数年言われているが、私は、これはいいことだと思う。殺伐とした競争をやめ、物質的にも精神的にも省エネ化が促進されればいいのだ。もっともっと若者の草食化が進み、いろんなものに執着をなくしていけばいい。恋愛にも、仕事にも、お金にも。

私も、できるだけ、草食的な生活をして生きていきたい。

恋愛は結婚ではなくおしゃべりをすることをゴールとし、仕事はクビにならない程度にやり、お金は生活保護レベルの収入で満足するくらいにしたい。なんならもう、働くのをやめて、山の中に勝手に小屋をつくり、食べられる草を図鑑で調べて、それを食べて命をつなぐのもいい。

そのとき私は、草食系男子ではなく、草食男子になるのだ。

2009/02/20

スロースクワット

去年の暮れあたりから、スロースクワットなるものをやっている。

どういうスクワットかっていうと、膝を伸ばしきらず曲げきらず、そんな状態で一往復3秒ほどかけてやるスクワットだ。これを、3ヶ月ほど、思いついたときに10回やっている。

そんで、2日に10回程度しかやってないのに、スロースクワットの効果は抜群で、足はムキムキになる一方である。あのぶよぶよの太ももはどこへやら、今はけっこうな筋肉質の足になった。

が、腕の方は以前に比べると細くなっている気がする。スロースクワットを紹介してたYOUTUBE上のテレビ番組では、「足の筋肉がつくと基礎代謝が上がって、歩くだけでもエネルギーの消費が増える」なんて言ってたけど、実際そうなって、腕の脂肪が落ちたのかもしれない。

数ヶ月のスロースクワットの末、私が得たのは細い腕と、むきむきの足。

この調子で続けていけば、上半身はより細く、下半身はより太くたくましく、という方向に、どんどん向ってゆくだろう。からだの形が、どんどん三角形に近づいてゆくだろう。

そしたら、エッフェル塔として第二の人生を歩みはじめようか。

2009/02/22

本を読むぞ

21日をもって、私の英語学習期間がおわった。

今月の8日から2週間、私は英語の本を読むことを心に決め、毎日少しずつ読み進めていた。けっきょく、終ってみるとたいして読めなかったけれど、とりあえずイングリッシュでの読書はおしまい。もう、いちいち辞書引くのがめんどい。

これからの2週間は、日本語での読書に専念することにする。

ということで、これからしばらくは、このブログで読んだ本の感想や批評などを書いてゆくつもりです。読書感想文をやってなくて慌てている小学生諸君、要チェックだ。

2009/02/25

一流企業だろうけど

もう、あと一ヶ月もせずに卒業である。

けれど、この時期になって、まだ内定が決まらない人がいる。私のいちばん親しい友人が、いまだに、進路未定なのだ。

そんな状況で冬休みに入ってしまい、彼の就職活動の状況はよく分からなくなった。果たしてエントリーシートを書いているのか、面接は受けているのか、内定はもらえたのか、なにも分からなかった‥‥‥。

そんな日々が続き、きょう、久しぶりに彼からメールがきた。そして、そこには「就職決まったよ」という一文があった。私は一瞬、友人の就職決定に喜びそうになったのだけれど、メールにはこんな続きがあった。

「株式会社カプセルコーポレーションっていう会社に。」

いや、これ、架空の会社じゃないか。

ドラゴンボールに出てくる、ブルマの家がやっててポイポイカプセルとかつくってる会社じゃねぇか。

2009/02/27

本棚見てもよだれは出ない

えっと、読書に専念するから読んだ本の感想とか書評を書くって言ったんだけど、「なにこれ、ブロック?」みたいな厚い本を読んでるせいでなかなか終らない。

読むペースは遅いのに、積み本(読まずに積んである本)は溜まる一方だ。きょうも、ジュンク堂というすてきな本屋さんにいって、欲しい本をいくつか手に取ってレジに行ったら「7,756円です」と言われたので驚いた。

今月はお茶漬け&焼きそばの無限ルーティンで節約していたのに、すべてパァである。

私は部屋に帰ってきて、買ってきたドイツ語の単語帳や文法の本、それに「なにこれ、ブロック?」みたいな岩波文庫を見つめながら、これから先の生活を憂えた。

「私は、ちゃんとご飯を食べて生きていけるんだろうか? いくら小食だからって、安心してはいられない。いざとなったら東本願寺の境内でハトをつかまえて焼いて‥‥‥イヤ、だめだ。ハトの方が私よりすばやい。

 もう、いよいよ食うモンが買えないとなったら、この本のページを食うか。そうだ、それしかない! 朝食はライトに角川文庫、昼食はおしゃれに画集とか詩集を食べて、夕飯はガッツリ岩波文庫や講談社学術文庫、はたまた辞書なんか食ってなんとか飢えをしのごう!」

まあ、おれがヤギなら、それでもいけるんだけど。

2009/02/28

花粉から身を守れ

へっくし! へっくしっ! へっ、へっくしゅ! へっぷし! へーっぷしっ! へっくし! へっくし! へっくしっ! へぷしっ! へーっぷしっ!


花粉症の季節がきた。

なんだか例年より早い気がするが、もうくしゃみが止まらない。私の鼻からは尽きぬ鼻水が湧いている。これが油田なら地球のエネルギー問題に若干の貢献ができるはずだが、残念ながらただの鼻水なので、逆にティッシュを消費するばかりだ。

それにしても、花粉をなんとか防げないだろうか?

もちろん、ベタな方法としてマスクをつけるってのがある。布によって空気中の花粉をこしとろうって寸法だ。けれど、これとて万能ではない。花粉99%シャットアウトとか書いてあっても、こう、鼻の上の隙間のとこから、やつらはどんどん入り込んでくる。

布きれでできたマスクなんかじゃ、生温いのだ。

もっと顔全面を覆うようなものが必要だ。布じゃなくて、もう、完全に外気をシャットアウトできるようなマスクがいる。目とか頭皮が痒いから、フルフェイスのマスクじゃないとだめだ。

あと、からだも花粉がつくと痒くなるから、全身に花粉を防止するスーツを着込まないといけない。がっちがちの、テクノロジーの粋を集めたスーツを装着して、空気も、最新式のメカで花粉をこしとって肺に送り込めるようにしたい。

「シュコー‥‥‥シュコー‥‥‥」って、呼吸できるようにして欲しい。


こうして私は、ダースベーダーになった。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。