2008/02/03

カビとカネ

ぼくはきょうはユニットバスのカビを退治しました。

「広いユニットバスは狭苦しいセパレートの100倍いい」

とは、かの高名な聖アウグスティヌスの言葉ですが(嘘ですよ!)、冬の寒さに涙目祭りを開催している冬生まれのぼくは部屋を締め切りひきこもり。湿気はうわーい! つっめたーい! とばかりに喜び勇んで壁にぴとりぴとりとくっつくので、カビはうっひょおっ! とばかりに喜び、水分という名の少女を抱擁し、幸せな結婚式が催されていたのでした。ぼくの風呂場でっ!

「こーらー、ひとのユニットバスで何やってるぅ!」

幸せな二人に敵意の矢を放たれることもおそれず、ぼくは彼らに注意しました。けど、あいつらはますます愛を育むばかりで、もはや見ておられません。そこでぼくは彼らの息の根を止めるためにルックが開発した大量破壊兵器『ヌメリ&カビ速攻バスター』を取り出してぷしゅうと吹きかけてやったのです。

「う、うぎゃああっ!」

水分を吸収して完全体へと進化しつつあったカビは死にました。死ぬ間際の言葉は、「もっと光りを」でした。南無阿弥陀仏。けど、彼らは心中したも同然です。現代に蘇った曾根崎心中ではありませんか。どうかあの世で幸せになってください。このカビ野郎共。


ところで、この頃とてもお金が欲しいです。いえ、正確には、必要なものや欲しいものがラッシュアワーのごとくぼくの心に押し寄せて来たので、おいおい、ちょ、ちょっと待ってくれよ、そんなにいっぺんに来られても困るってぇの! ぼくの唇は一つしかないんだよ? という状態で、それで、それらの物品を購入する(商品を物々交換で手に入れるかわりに日本銀行券と交換するという便利な行為のこと)ためにお金が必要になったのです。

大学に入ってからというもの、テレビを放棄してアドバタイズメント文明から足を洗ったぼくは物欲などとうの昔のなくなったので、お金なんか棚のガタガタを調整するために四つに折って挟んどくもの、との認識だったのに、ここへきてお金がいるなんてなんたるイロニーでしょうか。

だけど、辞書とか本とかドイツ語の本とかが(カップヌードルの蓋を閉じておくために)欲しいので、お金がいるんです。

だからぼくはお金欲しさに、部屋の外に飛び出したんです。そして、お金がある場所といえばコンビニだ、ということでコンビニに突撃しました。

すみません、お金ください。レジの中にあるんですよねぇ? 見たんですよぼく。それくださいよ。三万円でいいんで。いいじゃないですか紙切れ三枚くらい。それくらい、環境破壊には繋がりませんてば。ませんてばよ。ねぇほら。はやくし「そのバナナを下ろせ! 逮捕する!」

ぼくは両手に手錠をかけられ、パトカーにのせられました。

前にもこんなことがあったような気がするけれど、それは偽りの記憶でしょうか? ああ、人の世は生き難し。これから何日間監獄で鬼のような看守にいびられなけりゃならないんだろ? そしたら、エルビスの監獄ロックでも歌おうかな。フォータンスィントゥザジェイルハウルロックッ! ロロロロロロウッ! それとも、フォーク一つをこっそりくすねて、ポスターに隠した壁を毎日せっせと掘り進めて脱獄し、ショーシャンクの空にキスをしようか!?

さて、シャバに戻ったところで再びお金の問題。まあ、しばらく待てば最近はじめた家庭教師の報酬として莫大な富がぼくの懐に転がり込むのですが、それまでは貧乏なんです。だから、金持ちの未亡人と結婚しようと思ったのですが、知人にそのような未亡人がいないため断念。結局、しばらく待つしかなさそうです。

金持ちの未亡人がいたら、ぼくに紹介してください。



要点:風呂のカビを掃除した。あと、お金欲しい。

2008/02/11

環境保全のために

きのうは急遽友人ら四人がぼくの部屋を襲撃し、丸太で玄関のドアをぶち破ったあと、マンションごと「オーエスオーエスッ!」で引き倒し、月の朝夕力を利用しつつ地球の地軸を90度傾けて、全生物の三分の二が滅んでしまうというアクシデントがありました。

はじめて行った近所の中華料理屋は思ったよりきれいで、ぼくはイベリコ豚の黒酢あんかけとご飯を食べました。「おい見ろよあれ、豚が豚を食ってやがる」との陰口を叩かれている気がしつつのお食事でしたが、二連星のごとくひっついている彦口内炎と織り口内炎に気を使いつつおいしく頂きました。

友人達の内実に三人が熱心にシュウカツをやっていて、そんな話題も当然のごとく彼らの口からマッハ6.2で飛び出して来て、ぼくはふむふむとうなずきつつも、心の中で「シュウカツってなんだろう?」と冷汗三斗の思いで鼻水垂れ流しながら聞いていました。ほうほう、農業? おや、キンユウ? 銀行? 銀行ってあれでしょ、お金の、ほら、あれでしょ?

いろいろ話を聞いてみて、どうやら企業(会社みたいなもののことだよ!)の説明会(我が社ではこんなおいしい餃子をつくってるんです! みたいな話を聞く会のことだと思う)ではスーツを着てゆくとか着てゆかないとかいう話を聞いて、ははーん、そうか、さいきん大学でモビルスーツを着ている学生が多いのはそのせいかと合点が行ったのでした。あれはほんと、道とかがったがたになるからやめてほしいのですが。

ぼくはモビルスーツなんか持ってなくて、背広と対放射線スーツくらいしかクローゼットに入ってないから、こんなことじゃダメだと思って酒をグイと飲んだら実はそれがニトログリセリンで胃がドッカーン! ドリフだよー! みたいなギャグをやったらみんなどん引きしてました。

他にも昨夜は一つの一発ギャグを考えまして、生まれて初めて考えた一発ギャグなんですけど、次の飲み会でやってやろうかと考えています。とても公の場でできるネタじゃないし、放送コードには引っかかるだろうな、っていう感じなんですけれども。 「恵方巻き」っていうギャグです。


さて、前置きが長くなりましたが、急に春めいてまいりました。きょうなど、ベランダに出ると春のようにうらららららかでまいってしまいました。2月なのにこんなに暖かくなるなんて、これも温暖化の影響か。ぼくの吐く二酸化炭素の影響か。ならばいっそ、この環境破壊の源を根絶してしまえばよいのでは、と考えました。が、遺体を火葬するときに二酸化炭素がでるし、霊柩車が走るときにも排気ガスが出るじゃん、ということに気づいて、一命を取り留めました。ぼくは環境にはやさしい存在でありたい。

だから、ぼくはこれから、二酸化炭素廃絶を目指して、剣の腕を磨こうと思います。剣も達人ともなれば、分子レベルでものを切れるじゃないですか。だから、剣でCO2をぶった切ってCとO2に分離。O2は酸素ですから、そのまま空気中に逃がす。そして、Cはたくさんかき集めて、右手でギュッと握ってダイヤモンドを生成しようと思うのです。

CO2=C(ダイヤモンド→彼女への気持ち)+O2(酸素→地球にやさしい)

という黄金の公式が誕生するのです。すごい!

それでは、救急車を呼ばれる前に書くのをやめて、そろそろうどんでもゆでて食べようと思います。さようなら。よい休日を。

2008/02/14

バレンタインについてのお知らせ

バレンタイン・デーは、存在しません。


以上。

バレンタインについての続報

あ、やっぱバレンタイン・デー存在した。


choco.jpg


くれたのは家庭教師先の子だけど。まだ小五だけど。買ったのたぶんお母さんだけど。

2008/02/21

iPod値下げ

iPod shuffleを買おうかと考えていたところ、タイミングよく9800円から5800円に値下げ! ということで、買いました。

とても軽いし、しっかり洗濯物を挟んでくれるので使いやすいです!

clip.jpg

2008/02/29

卒業論文の準備

卒業論文ってやつのね、準備をしているんですよ。

あ、いえ、別に、「ブログの更新頻度が低いぞ!」っていう、そういうブーイングへの言い訳ってわけじゃないんですけども、卒業論文の準備をしているんです。

卒業論文というのは、言ってみれば大学側からの脅迫で、「出さないと卒業させてやらないもんね論文」の略なのです。だいたい2万の文字で紙を埋めると、認めてもらえるという仕組みになっています。

で、その提出が12月の下旬なのですが、なんとうちの教授は冬休み明けの4月にもくじを提出しろとおっしゃる。8ヶ月もはやく、論文に先立ってもくじを作成し、ゼミで提出しろとおっしゃる。ぼくは、おいおい、それはちょっと早すぎだろうと思い、

「教授ぅ〜、そりゃあいくらなんでも早すぎじゃないッスか〜?」

と、毛玉だらけのジャージ着用で、さらに薄汚れたキティちゃんのスリッパを履きつつ申し上げたところ、

「ほざけ小僧っ! そんなことを言っているといつまで経ったって卒論なんか書けないぞ!」

と一喝され、ケータイにつけていた17個のストラップをすべてブチブチともぎ取られ、16個はゴミ箱の中へと葬られてしまいました。まりもっこりのストラップだけは、こっそりとポケットに忍ばせておりました。

「で、でも教授っ! 他のゼミではそんな時期にもくじ提出なんてな」「黙れっ!」

教授は胸中より取り出したライトセーバーを振りかざし、逆立ててあったぼくの髪を切りました。金色の髪が、目の前をぱらぱらと落ちてゆきました。

「文句があるなら、わたしに勝ってから言いなさい」

ぼくは、ポケットから自分のライトセーバーを取り出しました。フォースを充実させると、光の刃がヴンと出現しました。だいぶカスタムしてあるので、刃はビッグスクーターのマジェスティのような形状になっています。

ぼくは必死で戦いましたが、さすがはプロフェッサー。フォースの量、戦闘技術、体術、すべてにおいてこちらが負けていました。刃の押し合いに負けたぼくは床に倒れ、その瞬間、右頬の横に教授のライトセーバー(だんご99兄弟みたいになってる)が突き刺さり、ぼくのうなじを焦がしました。

「貴様の負けだな小僧。わかったら4月までに卒論のもくじを書いてきなさい」

こういう顛末でぼくは卒業論文の準備に追われることになったんですけど、いえ、ほとんど嘘ですけどね、まあ、卒論の準備をしてるんですよ。

それで、ぼくは連日部屋にこもって本を読むという生活なんですが、なんか、まわりの友達は「シューカツ」とか「ES」とか、わけの分からない単語を頻繁に使うようになってきてるんですよね。

「シューカツ」は、ヒレカツをパイ生地で包んで焼いたワインとよく合うフランス料理のことでしょうし、「ES」はES細胞のことで、おそらく生命倫理の問題について議論を戦わせてるんだと思うんですが、はて、それにしてもスーツ姿の学生をよく見かけるようになったのは‥‥‥?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。